Archive for 12月, 2014

夏休みの行楽地では、「人間を見ていた方が面白い」なんて事がよくあります。

今回は、家族と一緒に地元の水族館へ行ったワケですが、やっぱり魚と同じくらい、人間が面白かったです。
世の中、いろいろな人が居ますねぇ・・・。
それから、子供たちの自由すぎる行動。(笑)

田舎の小さな水族館で、狭くて暗い通路は、小さい子供にはちょっと怖い空間です。
そこを、こわごわ歩いてきた小さな女の子の目の前に居たのは・・・デンキウナギ。
巨大な上に、魚だか枯れ木だか判らないビジュアルで、とても「可愛らしい」とは言えません。
一瞬、凍りついた女の子でしたが、次の瞬間、

 水槽に駆け寄って、ガラス越しにデンキウナギを叩く

という行動に出ました。

小さい子が良くやる「お前なんか怖くないぞ」パンチですね。
無論、巨大な水槽も、巨大なウナギもビクともしないワケですが。

それを後ろで見ていた父親が爆笑して、女の子の両手を後ろから掴んで、水槽越しにウナギに触らせようと!
女の子が踏ん張った足が、床の上をずずー、と滑っていって・・・という、よく見かける光景が展開されていました。

イルカの水槽前で、坊主頭の巨漢を見かけました。
この人が、ものすごいTシャツを着てまして、真っ赤な大きな字で、背中に

 仁義なき戦い

と書かれています。
しかし、このお父さんが、人気のイルカを尻目に、その反対側にあるドジョウの水槽の上に屈みこんで

 ものすごく優しい目

で、小さなドジョウを見ていたり・・・。

まぁ、「仁義なき戦い」なんてバカな真似をするのは人間だけです。
魚もイルカも、そんな事はしませんしね。